美容とファッション

グジャラート語ブライダルメイクアップ - する方法

グジャラート花嫁は結婚式の日に非常に明るくゴージャスな外観をしています。全体的な外観は、花嫁のいたるところに豊富なジュエリーがあり、とてもエレガントです。頭飾りから足まで、花嫁はそれらを見事に見せる宝石で飾られています。衣装には非常に多くのアドオンがあるので、花嫁のための化粧は非常にシンプルに保たれています。それでもエレガント。

グジャラートメイクアップは非常に明るいベースを持っており、色と色合いの使用は非常に最小限です。それはまた人工まつげとコールとライナーがたくさん含まれています。全体的な外観は非常に単純であり、女の子の機能はメイクアップの賢明な使用で強調されています。あなたがあなた自身でそれをするつもりならば、グジャラートブライダルメイクアップの基本的な詳細のために読んでください。

グジャラート語ブライダルメイク:

1.財団、コンシーラー、コレクター、パウダーベース:

ベースには、つや消し仕上げとSPFなしの化粧品が使用されています。これは、カメラ上で派手に見えるようにすることなく、艶消しで自然な仕上げを顔に提供するのに効果的である。

額、頬、鼻、あごにドットでファンデーションを塗ります。目の下の斑点や暗い斑点を隠すためにコンシーラーを使用します。細い線やにきびの発生を減らすのに適した補正剤です。乾いたパウダーパッドを使って、顔全体に均一になじませることによってこれらを肌にブレンドします。

最後に、Compaqを適用してベースを所定の位置に設定します。後で肌に害を与えず、また持続的な効果を与えることのない化粧品の良いブランドを使うようにしてください。

続きを見る: ヒンズー教のブライダルメイクアップの写真

アイライナー、コールと目のマスカラ:

ベースを設定した後、キラキラと大胆なアイシャドウで目を強調します。ふたの上にライトベースを、額の骨の上に適切なグリッターを当てます。目が非常に暗く見えないように、日よけが適切であることを確認してください。

アイペンシルを使用して、内側の隅から始めてわずかにブラシをかけて眉を定義します。暗すぎないようにしてください。

防水コールの助けを借りて、ライナーとマスカラは目を強調し、形を定義します。目を際立たせるために暗い色を使用してください。キラキラのない濃い鉛筆が通常好まれます。

3.頬紅とブロンザー:

ほおや生え際に沿ったほお紅の使用は最小限に抑えられます。ほぼ裸の色合いの使用が好ましい。頬骨のハイライトとして使われているだけです。

機能を強化し、それらがシャープに見えるようにするために、ブロンザーは鼻、あご、おでこにも適用されます。

続きを見る: パンジャブブライダルメイクの写真

4.口紅と光沢:

濃色の口紅を使用することが好ましい。唇に沿ってライナーを貼り付け、まず形状を定義します。その後、口紅ベースコートを使用してください。ベースシェードがとどまるように唇にパウダーを塗ります。次に、細いブラシで2回目の口紅を均一に塗ります。深さを増すために、下の唇の色が濃いことを確認してください。

唇に輝きを与えるために最小限の光沢を使用してください。過度の光沢を使用すると、しばらくすると口紅が広がります。

方法は従うのが簡単ですが、あなた自身でそれをする間最も重要なことは色合いを確かめることです。誰もが自分でブライダルをすることができるわけではありません。加えて、メイクアップ、髪もバックコーミングとハイパンで非常に簡単に行われます。多くの宝石類はまたグラムの要素に追加する儀式としても身に着けられています。全体的な外観は単純に見えますが、正しくすることが重要な作業です。したがって、この簡単な方法で、それがポケットピンチではなくてもプロのタッチが得られることがわかります。

続きを見る: ブライダルメイクマハラシュトリアン

画像ソース:1。

Loading...