美容とファッション

あなたは芸術の恋人ですか?ここでトップ10のMFフセイン絵画を探す

M.F.フセインまたはMaqbool Fidaフセインは、インドで最も人気があり、有名な画家の一人でもあり、彼は国際的な理由で彼の作品に大きな感謝の意を表しました。インドを誇りにしたMFフセインの絵画がいくつかあります。 MFフセインのほとんどすべての絵画は、インドの女性の美しさについてのものでした。

彼は1937年に彼の絵画のキャリアから始めました。彼はインドの映画館の買いだめを塗るという彼の仕事で最初に苦労しました。すぐにこのすばらしい芸術家の才能は、風景を描く機会を得たときに変わりました。彼は世界中で高く評価されている多くの絵を持っていましたが、彼の経歴の大部分はまた多くの論争に囲まれていました。状況がどうであっても、アーティストはMFフセインの有名な絵画リストにリストされているいくつかの素晴らしい作品を持っています。 MFフセインの絵画のいくつかとその説明をすぐに見てみましょう。

10ベストMFフセイン絵画:

これは、全世界にとって本当に不思議なフセインの最高の絵画トップ10です。

M.フセインマザーテレサ絵画:

そのアーティストは、マザーテレサがその国のためにしてくれたすばらしい仕事にとても魅了されました、そしてそれで彼はマザーに捧げられた絵を作るのに時間がかかりませんでした。 M.F.によるマザーテレサの絵画。フセインは伝説のオーラをやや正確に表現している。しかし、アーティストがこれらのシリーズを描いた方法に満足していない多くの人が彼の作品を愛していた多くの人がいました。

一連の絵画と共に伝説が鮮やかに表現されているため、その絵画は人気を博しました。シンプルで微妙な使い方で、これらの一連の絵画は視聴者に大きな影響を与えました。絵の美しさは、絵がクリスティのオークションで1クロール以上の価値で展示されたという事実によって推定することができます。

M.フセイン馬の絵画:

芸術家MFフセインの絵画は風景だけでなく野生動物も好きでした。 M.F.フセインの馬の絵はこれの明確な証明でした。 M.F.のほとんど馬はインドの神話によると動的かつ強力なエネルギーに等しいと見なされるようにフセイン絵画は馬への彼の永遠の愛を描いています。芸術家のこの絵はサザビーズのオークションでなんと1.3クロールの値段で売られた。

絵はこれで使用される色の選択のために大きな注目を集めました。この絵は「後ろを振り返る馬」という名前で一般的になり、画家のストロークの典型的なスタイルは世界的な市場でも同様に絵画をより特別なものにしました。

M.フセインマドゥリDixit絵画:

Madhuri Dixitは、アーティストが自分のキャンバスに彼女を描くことを決めたことを彼女のスタイルと個性でアーティストに感銘を与えた数少ない女優の一人でした。彼は女優の美しさを最高の方法で見せた女優のイメージをたくさん作りました。 M.F.フセイン・マドゥリ・ディキシット絵画もまた、それが感謝を受けたときと同量の批判と論争を受けた数少ない人物のうちの1人でした。

絵画は女優の無数のムードを披露し、最終的な絵画は観客にとって魔法に過ぎない。それは彼の素晴らしい作品と絵のスタイルのために常に大事にされる絵の一つです。

M.フセインヒンズー教の神の絵画:

フセインは彼を取り巻く論争でもっと有名な芸術家の一人でした。彼が作った多くの絵画の中で、最もM.F.フセインの物議をかもしている絵はヒンズー教の神々の上のものでした。多くの人がヒンズー教の神々を失礼な方法で描いた画家を非難しました。

論争はMFフセイン絵画画像によってよりセンセーショナルになった。芸術家によって描かれた画像は人々の多くの否定的な目を引き付け、芸術家は同じものについて多くの否定的な反応を受けました。

5.人形ダンサー:

トップ10のリストにフセイン絵画、1つの絵画は人形ダンサーのものです。芸術家がおもちゃを大いに愛していたという事実に気づいていない人はほとんどいないので、彼の絵に永遠の愛を描く機会を逃したことはありません。

この絵は女性、馬、ダンサー、戦士など多くの要素を持っていて、それが全世界でその絵の一種となっています。ストロークはいくつかの素晴らしい色の組み合わせを使用して典型的なアーティストのスタイルのものでした。絵はサザビーズのオークションで1.5クロールの量を受け取りました。

6.ガンガとジャムナの戦い

この絵の意味を理解していなかったすべての人にとって、その絵は正当な悪と悪の間の定期的な戦争を示していました。私たちの日常生活においても、正しい選択と間違った選択との間のジレンマに絶えず直面しています。フセインの絵は同じ感情を呼び物にしました。

彼はまた、濃い色と明るい色のように、正しいものと間違ったものとの間の戦いを純粋に描写するさまざまな種類の色を使用しました。絵画は芸術家のかなり革新的な作品であり、そしていくつかの大きな感謝を受けました。この絵はクリスティのオークションで9輪で売られた。この絵は芸術家の才能を可能な限り最善の方法で描く芸術家のすばらしい作品の一つです。

7. Hashmiへのオマージュ:

フセインは、自分の作品に現実を描くことを決して恐れなかったアーティストでした。彼がどれほどの批判や論争を受けたとしても、彼は自分の仕事に現在の状況を持ち込むことに失敗することは決してなかった。 Hashmiへのオマージュは、彼が社会の実際の出来事をマークした芸術家の素晴らしい作品の1つでした。

その絵は、劇場芸術家のサフダー・ハシミの致命的な攻撃について話す真実として見られ、後で死を引き起こしました。この絵でさえ、フセインの物議をかもしている絵の中でも数えられています、しかしそれでもそれは観客からいくらかの大きな量の感謝を受け取ることに成功しました。絵画はコルカタのオークションで4.4クロールの量で販売されました。

M.フセインサラスワティ絵画:

ヒンズー教の神々についての芸術家によって作られた絵のように、MFフセインによるこのサラスワティの絵は論争のリストの中でトップにあった。多くの人が、芸術家はヒンズー教の神々を狙っていて、イスラム教徒のものには何もしなかったと主張しました。これは芸術家に彼のキャリアと彼の絵画に加えられたいくつかの厳しい論争と一緒に多くの憎しみを得ることになりました。

絵画で使用されている画像はまた、それらが提示された方法のために多くの人に反対されました。女神サラスワティの裸体発表は非常に否定的な方法で多くのヒンズー教の信者を魅了し、彼らは強くアーティストの作品に反対した。

M.フセイン・クリシュナ絵画:

芸術家を論争に囲まれたもう一つの絵はクリシュナ - それはヒンズー教の神 - のそれでした。 MFフセインクリシュナの絵画はヒンズー教の神の多くの不快なデモンストレーションを示した。これもまたヒンズー教徒の信奉者たちを重度の批判と共に芸術家に反対させました。

絵画の色やスタイルを変えることで、絵画は現実とは違った外観になりました。一連の絵画は、ヒンズー教の信者の感情を傷つけ、傷つけるような模造品を含んでいました。最新のMFフセイン絵画情報はまた、芸術家の物議を醸している作品としてこれらの絵画をリストします。多くの人々は、絵が彼らのヒンズー教の神を非常に虐待的で不快な方法で提示していると感じました。

M.フセインバーラトマタ絵画:

大事なことを言い忘れましたが、MFフセインの絵画バーラトマタも物議を醸している作品に数えられているものでした。絵画は他の多くの宣伝と共に裸の女性の形でインドの地図を示した。絵の発表は誰にも受け入れられず、これは世界的な批判を受けました。

芸術家は赤や青のような暗い色を使ってインドの祖国の苦難を描くことに集中しました。しかし、それはすべての注意を捕らえたそしてそれもまたすべての間違った理由のためにそれを裸の女性の形で同じものの作成でした。

多くのM.Fがあります。芸術家が持っていた素晴らしい才能をはっきりと示しているフセインの有名な絵画。多くの芸術家がいますが、誰もがMFフセイン絵画のスタイルと一致することはできません。 MFフセインのすべての最新の絵画で、世界は彼の絵画の新しいスタイルと側面を知るようになりました。彼の絵のどれがあなたのお気に入りであるかを私たちに教えてください。インドの画家MFフセインの絵画は、インドが持っている才能のための商標に他なりません。あなたは同じことについてどう思いますか?あなたの意見を共有してください。

Loading...