ダイエット

6ヶ月目の妊娠中の食事 - 食べて避けたい食べ物は?

妊娠していることはすべての女性にとって大きな特権です。おそらくそれは女性の人生への最も素晴らしい贈り物です。あなたが子宮の中で小さなものを運び始めると、赤ちゃんに健康的な生活を送ろうとします。赤ちゃんに栄養を与えることができるのは、食べ物だけです。あなたの医者の助けを借りて、従うべき健康的な食事チャートを作る。

何を食べれば良いか:-

ビタミンC:

それは現時点で必要とされる重要な栄養素の一つです。それは確かに体のひもと健康を保ちます。さらにそれはあらゆる種類の病気から体を解放し続けます。ビタミンcは組織の成長を助けます。ビタミンcを含む製品は、細胞を保護するために非常に重要です。イチゴ、ブドウ、キャベツ、サツマイモなどはビタミンCが豊富です。

ファイバ:

繊維は妊娠中の便秘に対する良い解決策です。消化不良や便秘は妊娠中はとても自然です。繊維含有製品はこの問題に役立ちます。それは妊娠食事療法の重要な部分です。繊維は一般的に果物やさまざまな種類の野菜に含まれています。繊維を運ぶ製品は、特に妊娠中の時期に消化するのが簡単です。

続きを見る: 妊娠食品の5ヶ月

アーモンド:

妊娠中のこの時期には栄養分のある食べ物が必要です。それにもかかわらず、それはあなたの赤ちゃんの健康的な成長のために非常に重要です。アーモンドは妊娠中に必要な栄養素の十分な量が含まれています。あなたの通常の食事療法のチャートにアーモンドを含めるようにしてください。アーモンドに関するアレルギーがある場合は、避けた方がいいでしょう。しかし、それに代わるものとして他のナッツを探してください。

葉酸:

妊娠中の女性にとってビタミンの葉酸と一緒に重要です。葉酸の一定量は1日に必要です。赤ちゃんの脳の発達には葉酸が重要な役割を果たします。それはあなたの小さなものの脊髄を強化するために非常に役に立ちます。したがって、葉酸を摂取することで、赤ちゃんの出生時にあらゆる種類の障害を回避することができます。

タンパク質:

タンパク質は妊娠ダイエットに最も必要な部分です。エネルギーを適切に供給するためにはタンパク質が重要です。赤ちゃんの体の成長は十分な量のタンパク質に依存しています。したがって、タンパク質が妊娠の6ヶ月目の間にあなたの食事に含まれていることを確認してください。タンパク質を多く含む食品は卵、魚、大豆、鶏肉、牛乳、青菜などです。

炭水化物:

多かれ少なかれすべての医者は一日に炭水化物をお勧めします。おそらくそれは妊娠食事療法として最も重要なエネルギー源です。炭水化物を含む食品は、健康な妊娠のために妊娠ダイエットチャートの6ヶ月目にあるべきです。それは、赤ちゃんの成長を支えるためのエネルギーを提供するので必要です。炭水化物を含む食品は、ジャガイモ、スイートコーン、オート麦、パスタ、ナッツです。

野菜:

野菜は非常に一般的な食品であり、大部分は無味ですが、それでもそれらは非常に重要です。あなたの子供を運んでいる間それは医者によって助言される妊娠の第6月の最も明白な食事療法です。Vegetableはビタミンのよい源です。あなたが湾のためにあなたは一日に十分な量の新鮮な緑色の野菜を持っている必要があります。

フルーツ:

新鮮な果物の恩恵と比較できるものはありません。果物は妊婦にとって非常に健康的です。あなたのテーブルにたくさんの果物を保管し、あなたが望むときはいつでもそれを持ってください。果物は体にビタミンの良い供給を与えます。したがって、あなたの赤ちゃんはビタミン欠乏症に苦しむことはありません。それはまたミネラルの必要性を満たします。バナナ、緑のブドウ、リンゴ、オレンジ、ナシのような果物はあなたの食事療法のチャートに入れることができます。

続きを見る: 9ヶ月妊娠ダイエットプラン

乳製品の重要性:

多くは乳製品から後退します。妊娠中は、そのような製品を避けることはできません。赤ちゃんの強い骨にはカルシウムが非常に重要です。したがって、牛乳や他の乳製品の習慣を採用しないと、赤ちゃんに害を及ぼすことになります。たんぱく質とカルシウムが不足しているため、赤ちゃんは骨が不足することがあります。

流体:

水は妊娠ダイエットのもう一つの最も重要な部分です。食物と共に十分なコップ一杯の水も必要です。水が不足していると体が乾くことがあります。便秘になることもあります。あなたの6ヶ月目の妊娠中の食料水は消化の重要な部分を担っています。医者によると、あなたは一日を通して少なくとも6杯の水を持つべきです。

食べてはいけないもの: -

生の海の食べ物を避ける:

生の海の食べ物は妊婦には厳しく禁止されています。海水魚は高レベルの水銀を運びますが、これは現時点では非常に有害です。あなたの無知な病気からあなたの体の中に起こることができます。あなたが罹患している場合、あなたの赤ちゃんは苦しむでしょう。あなたとあなたの赤ちゃんの両方にとって間違いなく非常に有害であるリステリア症のような病気で出産することがあります。

調理肉の下で:

どのような種類の加熱調理されていない肉も妊娠中は有害です。あなたの子供を運んでいる間特にあなたはそれを避けるべきです。そのような肉はあなたの体にバクテリアを形成するのに十分です。あなたが肉を食べたいなら、それは衛生を維持する準備をします。よく調理された肉は消化するのが簡単です。消化は妊娠の非常にまれな問題であるので肉を食べることを避けなさいそれらは調理不足です。

ソフトチーズ

ソフトチーズは適切に殺菌されていないので、避けてみてください。妊娠中はハードチーズが好ましい。妊娠の6ヶ月目の間の食事療法としてそれを無視してください。それはバクテリアを引き起こす病気を含みます。あなたは製品を愛するかもしれませんがそれを持っていないかもしれませんが。

辛い食べ物:

辛い食べ物は、消化不良を起こす良い理由です。このような食品は衛生状態を維持することなく調理されています。この時点ではスパイシーで沸騰した食べ物がないのにあなたは疲れてしまいます。それでも、それらは健康的です非辛い食べ物と比較して

続きを見る: 妊娠2ヶ月

カフェイン:

コーヒーや紅茶のようなカフェイン入りの商品は、タイミングには全く向いていません。それはあなたがそれを持つことができないという意味ではありません。しかし、紅茶やコーヒーを習慣にしないでください。それは心拍に悪い影響を与えます。

あなたが適切で安定した食事を維持するならば、あなたの赤ちゃんはそこから利益を得るでしょう。健康食品は、赤ちゃんの成長に必要な重要な栄養素だけを提供します。あなたの小さなものの世話をするために必要なエネルギーをあなたに提供できる唯一の選択肢は食物です。

Loading...